単身赴任の夫の食事どうする?栄養のある食事を食べさせたい!

料理できない夫が単身赴任することに…

 

 

 

私は都内に住む30代の主婦です。

 

夫と小学生になる子どもと3人暮らし。

 

…なんですが、3カ月前から夫は仕事の都合で東北へ異動単身赴任しています。

 

夫と結婚してから、ここまで遠い異動は初めてで、決まった時には家が結構混乱したものです。

 

 

 

最初は家族全員で一緒に…とも考えたのですが、私もパートがあるし、子どもも「引っ越したくない」と

 

言うので夫には泣く泣く一人で行ってもらうことに。

 

でも、ここで1つ心配なことが出てきました。

 

 

それは食事のことです。

 

 

 

 

 

 

最近料理をする男の人も増えてきているみたいですが、うちの夫はからっきし料理がダメなんですよね。

 

料理できないし、やろうともしません。

 

食にあまりこだわりがないので、何でも文句言わず食べますが、何もなければないで、

 

普通にカップラーメンを食べる、そんな人なんです。

 

他の掃除とか洗濯をしてくれるので、普段そこまで不満は言いませんが、一人暮らしをするとなると話は別。

 

 

 

夫は「別に心配しないでいいよ」と言いますが、こんな普段の生活を見ていれば

 

心配しないわけにはいきません。

 

一人暮らしになれば、毎食カップラーメンやレトルトご飯になるのは目に見えています。

 

それどころか、「忙しい」って理由で1食2食抜いてしまう可能性も…。

 

 

 

栄養失調で夫に倒れられても困るし、一人で行かせるというちょっとした罪悪感もあるので、

 

ここはひとつ、夫のために何か考えてあげようと思ったわけですよ。

 

簡単なレシピを覚えさせる!

 

 

 

 

まず最初に考えたのは、夫に簡単なレシピを覚えさせ、自分で料理をしてもらう、という方法です。

 

これが上手くいけば、料理の楽しさに目覚め、帰ってきてからも家で料理してくれるように

 

なるかもしれません(妄想)

 

 

 

ネットで調べてみると、このご時世、単身赴任で自炊している男性は多いみたいですね。

 

クックパッドには単身赴任用のレシピもかなり膨大にあります。

 

クックパッド「単身赴任」でのレシピ検索

 

クックパッド「男 一人暮らし」のレシピ検索

 

 

 

 

ただ…、完全な料理初心者には意外とハードル高いような…。

 

ご飯に何かぶっかけるだけとか、そんなレシピばかりと思いきや、意外にしっかりしたレシピが

 

多い印象です。

 

これもやはり料理好き男子が増えた影響でしょうか。

 

 

 

こういった物が自分で作れるようなら、野菜も豊富に取れそうだし、何も心配いらないのですが、

 

調理器具や調味料を一式そろえた挙句、「やっぱ難しいからやーめた!」なんてされたら

 

目も当てられません。

 

あまり夫に期待しすぎるのは止めておこう…。

 

ただ、ご飯はだけは炊けるので、おかずだけどうにかすれば大丈夫そうです。

 

 

 

ちなみに少しでも料理ができる人なら、時間のある土日に平日分の料理をぱぱっといくつも作って

 

冷凍し、平日はチンするだけで食べられる状態にしておくって人も多いみたいです。

 

平日はなかなか忙しくて調理している時間がないという単身赴任の旦那さまは、是非土日を活用して

 

みてくださいね。

 

調理したものを冷凍して送る!

 

 

 

 

夫が調理できないのであれば、私がどうにかするしかない!

 

ということで、私が料理して冷凍したものを夫に送る、という方法もありますね。

 

単身赴任の夫がいる奥さまには、こういう風に調理を送ってあげる人は結構いるみたいですね。

 

私も余裕があれば帰ってきた時に持たせたりしています。

 

ただ、冷凍して送る場合にはちょっと注意点があります。

 

 

冷凍に合わない食品がある

 

 

 

ご飯から汁物までなんでも長期保存できる冷凍は便利ですが、少ないながら冷凍に向かない食品

 

があるのをご存じでしょうか?

 

別に身体に害が出るとかいう訳ではないですが、食感が大きく変わってしまうんです。

 

中にはあえて食感を変えるために凍らせる食材なんかもあったりしますが、そういうのを狙っている

 

のでなければ、冷凍に向かない食材は入れないようにした方がいいでしょう。

 

意外とよく使う食材が多いんですが…。

 

 

 

以下は冷凍に向かないとされている食材です。

 

  • レタス
  • ダイコン
  • じゃがいも
  • こんにゃく
  • 豆腐
  • たまご (※調理法による)
  • 牛乳

 

※たまごはゆでたまごや目玉焼きは白身が固くなってしまいます。
マカロニサラダや炒り卵みたいな調理法なら冷凍しても問題ありません。

 

 

冷凍食品の送り方

 

 

 

冷凍食品は当然のことながら、普通に送ると溶けて食べれなくなってしまいますが、

 

冷凍食品が送れるサービスはクロネコヤマトのクール宅急便しかありません。

 

⇒ クロネコヤマト クール宅急便

 

 

 

クロネコヤマトの取り扱いがあってもコンビニでは、クール宅急便は受付していませんので、

 

営業所に直接届ける、もしくは電話して取りに来てもらう必要があります。

 

事前に荷物を冷凍しておくなどの決まりがあったり、配送料金も普通の宅急便と異なるので、

 

上の公式サイトをよく見てから送ってくださいね。

 

 

 

 

 

ここで冷静になって考えてみると、実は作って冷凍して送るって方法、意外とお金がかかるんですよね。

 

クロネコヤマトも値上げしたし、あまり労力に見合わない節約術な感じ…。

 

 

 

特に大きいのが配送料で、頻繁に送るとかなりお金がかかります。

 

もし奥さまが作る方法を取るならば、夫が帰ってきた時に

 

まとめておかずを持たせるって方法のが良さそうです。

 

大きめのクーラーボックスを用意して、絶対に溶けない工夫をして渡しましょう。

 

(それ以前に、作るのがかなり大変ですが…。)

 

外食&お弁当を購入させる!

 

 

 

続いての方法は、思い切って夫に毎食外食をしてもらおうという方法です。

 

インスタントラーメンやレトルト食ばかりより、まだこちらの方が健康に良いかもしれません。

 

最近ではヘルシー志向の飲食店も増えていますしね。

 

 

 

…とちょっと思いましたが、やっぱりこれは問題大アリです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

まずはかなりお金がかかるということ。

 

ヘルシー志向のお店って結構高いお店が多いんですよね。

 

1食1,000円で間に合わないこともあるかもしれません。

 

それを毎日2〜3食と考えると、裕福な家でない限り全然無理ですよね〜…。

 

 

 

そして万が一、安くてヘルシーなお店があるとしても、夫がそこに通ってくれる保証がありません。

 

こってり脂っこいお店に通い詰める可能性もありますし、お金を浮かせるために

 

結局インスタントラーメンなどに戻ったりするかもしれません。

 

 

 

これでは健康のためにもなりませんし、無駄にお金がかかるばかりです。

 

夫を信用していない訳では(多分)ないのですが、食費が余れば余計な物を買ったりしそうなんで、

 

まぁこれは却下ですね。

 

それだけお金があれば、もっと子どもにご馳走してあげたいですし…。

 

宅配食サービスを利用する!

 

 

 

という訳で、健康面・金銭面を考えて現実的にバランスが一番良さそうなのが、

 

この宅配食サービスです。

 

宅配食サービスとは、冷凍されたお弁当を配送してくれるサービス。

 

元々は高齢者とか障害者向けのサービスだったと思いますが、今や一般企業も多く参入し、

 

一人暮らしや単身赴任の方でも利用者が増えているんです。

 

 

 

この宅配食サービスが他のコンビニ弁当などと違うところは、多くの業者に専任の栄養士が付き、

 

栄養バランスの取れたお弁当にこだわっているということ。

 

コンビニ弁当などは保存料・添加物が入っていて、身体に悪いとよく言われますが、宅配食のお弁当

 

はそのような心配はありません。

 

 

 

中には宅配食のカロリー計算されたお弁当のみを食べる、「宅配食ダイエット」というものを実践する

 

人もいるみたいですよ。

 

食べる物が決まっていて、しかもカロリー制限された料理だからダイエットになるらしいんですが…、

 

それくらい安心で健康に良いお弁当ってことですね。

 

 

 

宅配食のお弁当の多くは冷凍状態で配達されるようになっています。

 

つまり、単身赴任の奥さまが冷凍料理を持たせるのと同じことを、企業がやってくれるってこと。

 

お料理が苦手な方や忙しくて単身赴任夫の分までてが回らない方にもおすすめの方法だと言えます。

 

 

おすすめの宅配食サービス

 

 

 

うちは最終的に、この宅配食サービス+αという形で夫の食事をサポートすることになりました。

 

朝は帰ってきた時に持たせる冷凍食(おにぎりやサンドイッチ)とか野菜ジュース等、

 

お昼は会社の社内食堂、夜は宅配食。

 

いかがですか?

 

完璧とはいきませんが、なんとか3食ともちゃんと食べれているかな?と思います。

 

これで月の食費は大体3万円前後と言ったところですね。

 

 

 

 

 

 

で、夫の食事の要となっている宅配食ですが、この3つが最終候補になりました。

 

 

わんまいる

 



 

 

株式会社ファミリーネットワークシステムズが運営している宅配食サービスです。

 

会社名はあまり聞き馴染みないかもしれませんが、サービス開始3年で登録会員数1万人突破した

 

実績あるサービスです。

 

 

 

わんまいるの一番の特徴は、何と言っても「味」です。

 

ここまで味が良く完成度の高いお弁当は他ではなかなか味わえないと思いますよ。

 

「日経DUAL」の食材宅配ランキングでも品質と味部門で1位(総合で2位)に輝いています。

 

ただその分、解凍方法は他の宅配食サービスよりもやや面倒かもしれません。

 

 

 

1食は主菜1品+副菜2品という構成ですが、なかなかボリュームがあり、満足度は高いと思います。

 

3品×5食分の定期コースで3,980円の他、1品ずつチョイスして送ってもらえるサービスがあるので、

 

用途に応じて利用できますよ。

 

特に「美味しいご飯が食べたい」という方におすすめです。

 

 

 

 

食卓便

 



 

 

日清医療食品株式会社という会社が運営している宅配食サービスです。

 

こちらはCMでもご存知の方が多いかもしれませんね。

 

 

 

食卓便の一番の特徴はカロリー制限食、糖質制限食、塩分制限食など様々な身体のケアを考えた

 

宅配食が選べるとうこと。

 

このような制限食は他の会社でも提供していますが、日清医療食品はもともと病院食や介護施設への食事を

 

提供している会社なので、安心感があります。

 

 

 

1食分で5品あるので、色々食べたい方にもおすすめ。

 

1品ずつのボリュームがやや少ないのが難点ですかね。

 

5品×7日分の定期コースで3,630円(おまかせコースの場合)の他、1日ずつ注文するコースなども

 

用意されています。

 

特にダイエットなどをしている旦那様にはうってつけのサービスですね。

 

 

 

 

楽らく味彩

 



 

 

ヨシケイが運営する宅配食サービスです。

 

ヨシケイは宅配食の他にも食材配達サービスも行っている会社ですね。

 

食事は作れるけど、買い出しに行く時間がないという旦那様には食材配達も良いかもしれません。

 

 

 

さて、楽らく味彩の一番の特徴は値段の安さです。

 

1食辺り330円程度と驚きのコスパなんですよ。

 

これは自社配達をしてコストを抑えているのも理由の1つなんですが、

 

代わりに、一部地域はサービスが受けられないというデメリットにもなっています。

 

 

 

1食分は3品入りで、3食セットを2種類あるうちから選ぶようになっています。

 

3食セットで1,080円(初回のお試しはなんと3食で509円!)。

 

とにかく、旦那様の食費を抑えたい節約奥様におすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

どこもそれぞれ特徴がありますよね。

 

改めてまとめてみると…

 

  • バツグンの美味しさで人気のわんまいる!
  • 健康やダイエット食が豊富でおかずも多い食卓便!
  • 圧倒的な安さで家庭の財布に嬉しい楽らく味彩!

 

何を重視するかによってどのサービスが良いのか、全然変わってきます。

 

我が家では、夫が出発する前にそれぞれの宅配食を取り寄せて、お試ししてみることに…。

 

 

 

その結果、我が家では「わんまいる」を利用することになりました。

 

 

 

 

わんまいるは↑のように一食分ずつ小分けにされて段ボールで送られてきます。

 

宅配は佐川急便の飛脚クール便です。

 

 

 

 

 

実際に私もお試しで食べてみたんですが、冷凍とは思えないくらい美味しかったんです!

 

ハンバーグとか、「これ今作ったの?」ってくらいジューシーでしたよ。

 

 

 

 

↑は茄子入り油淋鶏(ユーリンチー)のセット。

 

特に油淋鶏はジューシーで結構ボリュームがあり、美味しかったです。

 

 

 

 

 

もちろん、健康面もカロリー400kcal以下、塩分を1食当たり3.5グラム未満に抑え、

 

野菜も豊富に入っています。

 

ぶっちゃけ、私のて調理よりもよっぽど健康的ですね(笑)

 

 

 

夫も味が気に入ったようで、他の2つよりも少し割高ですがここにすることに決めました。

 

まぁ、1人で行ってもらうことになるので、その感謝も込めてですね(笑)

 

 

 

 

 

湯煎、流水解凍と献立によって解凍方法を使い分けなければいけないのと、ご飯は自分で

 

炊かなければいけない部分がやや心配でしたが、今は特に問題なく食べれているようですね。

 

冷凍のお弁当なので、もしも付き合いで外食したりしても、後日食べられるというメリットもあります。

 

 

 

 

調理の仕方は主に湯煎ですが、たまに流水解凍のものも。

 

↑のように調理の仕方が書いてある紙も同梱されるので、迷うことはないと思います。

 

他にもカロリーや使っている素材などもしっかり明記してあり、安心して食べられますよ。

 

 

 

 

 

「わんまいる」は1週間で5食セットの定期注文で、3,980円で購入できます。

 

本当は1週間7食あるサービスが理想でしたが、こっちの方がおいしかったですし、

 

週2回くらいは好きな物食べさせてあげてもいいかな…ということで(笑)

 

1食当たりの値段はおよそ800円くらいで、コンビニ弁当よりもやや高め、外食よりやや安めといったところ。

 

美味しくてヘルシーな調理ということを考えれば、充分800円くらいの価値はあると思います。

 

 

 

 

 

 

このように夫の食事サポートを行って現在3カ月。

 

夫は2週間に1度くらいは帰ってきてくれますが、今のところ体調も良さそうですし、

 

帰ってきた時も子どもと一緒に元気にはしゃいでいます!

 

やっぱり子どもに会えないのが寂しいみたいですが、食事は問題なく食べられ仕事も頑張っているみたいです。

 

夫に余計な負担をかけず、仕事に集中できる環境を作れているようで良かったなぁと思います。

 

 

 

 

単身赴任の夫にとっては一人でも美味しい夕食が食べられる、妻にとっては夫の分の沢山の料理を用意

 

しなくて済む、とどちらにとっても配食サービスは便利なサービスです。

 

もし料理ができない夫が単身赴任なんて事態になった場合は是非活用してみてくださいね!